頼れる税理士|くだらない喧嘩を避けたいなら

相談の増加

ウーマン

相続税の増税が実施

今年から相続税の増税が実施されています。従来は相続税の支払い対象ではなかった人たちの中にも今回の税制の改定によって対象となる人が増加する見込みです。相続税の税額の計算は難しいこともあり、個人が正確に計算することが出来ないことも予想されるため相談会を実施する機会が増えています。相談会を実施する多くは金融機関や税理士となっています。金融機関では顧客のサービスの一環で実施すると同時に資産の有効活用を提案して、不足資金の貸し付けも念頭に入れています。一方、税理士は税金計算の専門家として金額の算定を行うと同時に税金資金の準備についてのアドバイスを行っています。いずれの場合でも相談することで正確なことを理解することができます。

資金の準備と節税対策

相続においては資金の準備が重要ですが、その以前の問題としての節税対策があります。金融資産を相続するのであれば税金資金の心配はありませんが、不動産や株式を相続する場合には対策が必要になります。不動産の場合には簡単に売却して資金を作るということは難しいので予め相続対策の相談をしておく必要があります。一般的にはアパートやマンションの経営が個人でも比較的取り組みやすいので人気があります。この場合には不動産が事業用資産ということになり相続税の対象となる評価額が大幅に減額されることになります。特に、建設資金を金融機関から調達した場合には金融機関に対する負債額も相続財産から控除することが出来ますので大きなメリットとなりますので、税理士に相談するといいでしょう。

もめる前に

スーツの人

相続の問題は、身内だけだと感情的になってしまい、トラブルに発展するケースも少なくないでしょう。司法書士等の第三者に相談を行うことにより、客観的、中立公正に判断が行われ、身内のトラブルを未然防止できるケースもあります。なので、専門家を積極的に利用し、円滑な家族関係を維持していきましょう

もっと見る

対策は早めに

握手

相続税対策の相談相手として思い浮かびやすいのが税理士ですが、相続に強いファイナンシャルプランナーに相談をしてみるという選択肢も持っておきましょう。納税資金の確保や賢い節税方法などのアドバイスを期待できます。

もっと見る

専門家に依頼

男の人

相続に関しては複雑なルールが多いために素人判断で行うのではなく、弁護士などの専門家に相談をして行うのがよい方法です。最近では手軽に相談をすることができる方法としてインターネットを利用した初期相談が人気になっています。

もっと見る